高温多湿で蒸れ易い時期にどう対応したらよいでしょう

これから暑くなります。皮膚の状態が一気に悪化することがあります。そうならないうちに あるいは、もうそうなってしまったけれど、お薬を使わないで対応してみませんか。

1.おうちでシャンプーできますか? 今までのシャンプーで上手くいっていますか?うまくいっているならそのままで、そうでないならシャンプーの頻度をふやしてみてはいかがでしょう。もしシャンプー剤が合ってないとお思いならばシャンプー剤を変えてみることも考えてみましょう。私たち人間のシャンプー剤がたくさんあることが証明しているように、シャンプー剤は、人によって合うのもあれば合わないのもあるのです。そしてそれは、わんちゃんにも当てはまるのです。皮膚にあったシャンプー剤でシャンプーすることで皮膚の状態がずいぶん改善することがあります。ぜひ考えてみましょう。

2.お洋服は、きられますか?着られるのならば塗り薬を塗ることもできるようになります。薬を使うといっても飲み薬ではありませんし消毒薬という方法もあります。試してみましょう。

3.お散歩に行きますか?お散歩に行くなら、お散歩中に足の裏に薬をつけることで足の裏の痒み、赤みが改善できる可能性があります。一度考えてみませんか?

 

飲み薬だけでなく工夫すればほかの方法も見つかることがあります。一度 ご一緒に考えてみませんか?