シャンプーの方法とシャンプー剤

今回は、シャンプーの方法とシャンプー剤のお話しをしたいと思います。
みなざんどんなシャンプー剤を使ってワンちゃんをシャンプーしておいででしょうか?シャンプー剤はいろいろあります。
基本的には、ワンちゃんの皮膚と被毛の状態をもとにして選びます。皮膚と被毛の状態は、一頭のワンちゃんでも季節によって異なりますし、体の場所によっても変わる場合があります。
例えば、腋の下と足の付け根だけがべたついて、その他の体の部分は割とさらさらしている場合、腋の下と足の付け根にはAシャンプーを利用し、その他の体の部分にはBシャンプーを使用します。
この場合別々に2回シャンプーする必要はなく1回のシャンプー時にシャンプー剤を分けて塗布すればいいだけです。また足の先だけよく舐めるワンちゃんなら、足の先だけを自宅で必要回数洗って、体は月1回美容室でシャンプーしてもいいのです。また1年の内、夏はぶつぶつ(皮疹、湿疹)が身体にできるワンちゃんなら、その時だけその湿疹を治す作用のあるシャンプー剤を利用し、その他の季節は皮膚の構造を維持する保湿系のシャンプー剤を利用してシャンプーするのがいいと思います。
さらに、べたつきを取るシャンプーも種類がいくつもあります。1つのシャンプー剤でうまくいかなかったからといってあきらめる必要はありません。合うシャンプー剤をさらに探してみましょう。
もちろん、飲み薬を併用しなくてはならない場合もありますし、飲み薬を飲んだら皮膚の状態が良くなってシャンプー剤もマイルドなものの方が合うようになったというように変わっていく事もたくさんあります。 忘れてはならないのが保湿剤(コンディショナー、リンスなど)です。どんないいシャンプー剤を使っても、ほとんどの場合、皮脂はある程度取り去られます。そのワンちゃんの皮膚にあった保湿剤を使用することで皮膚のコンディションはさらに改善されます。
保湿剤の使い方も様々です。もちろんシャンプー後は必ず使いますが、シャンプーなしで保湿剤を皮膚に塗布する方法もあります。一頭一頭のワンちゃんに合ったシャンプー剤とシャンプー方法を見つけたいと思います。
シャンプーの方法やシャンプー剤の選び方で迷っている飼い主さんがおいでになりましたら、どうぞお電話ください。
一緒にシャンプー探しの旅に出かけましょう。