診療時間 : 月-土 9:30-12:00 16:00-19:00 祝日 9:30-12:00 (休診:日曜日)  
電話: 0774-33-6000

内視鏡


内視鏡はカメラを使って消化管を内側から観察する検査です。

・カメラを口から入れた場合
口→喉→食道→胃(噴門~幽門)→十二指腸


・カメラを肛門から入れた場合(下部消化管内視鏡)
肛門→直腸→結腸



までがそれぞれ観察できます。
レントゲン検査、エコー検査、CT検査などの画像検査もありますが、内視鏡検査でしか消化管を内側から見ることができるため、内視鏡検査をすることで消化管粘膜の潰瘍や炎症を見つけることが可能です。
また、カメラの横から鉗子をいれることにより消化管の組織をちぎってくることで組織検査や、おもちゃ・石などの異物の摘出を同時に行うことが可能です。

メリット

お腹を切るような手術を避けて身体への負担を小さくできる。
消化管を内側から観察することで粘膜の状態を目視できる。

デメリット

・全身麻酔が必要なこと

・届く範囲に限界があること(小腸は届かない)

・摘出できる異物のサイズに限界があること

内視鏡検査を用いる適応例

・慢性的に続く下痢や嘔吐

・血便・吐血

・異物を飲み込んでしまった

・口から物が食べられなくなった時の胃チューブの設置(口を使わず胃にチューブから直接ご飯を入れます。)

※獣医師と相談の上行います。